黒澤怜の画像・壁紙や名言・セリフにシャワーシーンも

『零~刺青の聲~』黒澤怜の画像・壁紙や名言・セリフなど

黒澤怜

黒澤怜は、『零~刺青の聲~』の主人公です。

『零~刺青の聲~』は、「零シリーズ」の中でも『零~紅い蝶~』に並び、人気のある作品です。

今回は、黒澤怜の画像や名言にシャワーシーンなどをまとめていこうと思います。

スポンサードリンク

黒澤怜

黒澤怜

声優 皆川純子
年齢 23歳
デザインキーワード クール、アダルト、憂い

デザインキーワードのとおり、クールで大人な女性という雰囲気。
職業はフリーの写真家。過去に自分が運転する車で自損事故を起こし、婚約者の麻生優雨を亡くしてしまう。
自責の念から仕事に没頭することで紛らわせていたが、ある時幽霊屋敷でファインダー越しに優雨の姿を見る。
その日を境に眠りの屋敷に囚われることとなってしまう。
カメラはレトロなものを好む。

 

黒澤怜 名言 セリフ

黒澤怜

「優雨…」

「幽霊屋敷って聞いてたけど、なにも出なくて残念ね…」

「ちょっと…嫌な夢を…見ただけだから」

「ごめん…ちょっと聞きたいこと…」

「深紅、この写真について、調べておいてほしいんだけど…」

「ありがとう。少し、借りておくね。」

「深紅…その唄…」

「深紅…いつも私に言ってくれるじゃない 前向きにならなきゃだめだって、自分は一人だって…思わないで」

「ねえ、優雨。私…本当に生きてて良いの?」

「深紅!追いかけちゃだめ!」

「私だって…私だって…優雨のそばにいたかった…」

「深紅…私を置いて行かないで…行ってしまわないで…」

「もう…疲れた。私達…死ぬのかな…」

「もう一度…逢いたい…」

「優雨…私…優雨に会いたい…」

「もう…目を閉じていいから…」

「今度は!今度は…私も一緒にいくから!」

「あなたはどんな時も…一緒に居てくれた。あなたから…たくさんのものを貰った。あなたが…いっしょだったから!私は…生きてこられたのに…」

「だから…私はここに居る…痛みと共に…」

 

黒澤怜 画像 壁紙

黒澤怜 黒澤怜 黒澤怜 黒澤怜 黒澤怜 黒澤怜

 

黒澤怜 シャワーシーン

ホラーシーンがあるので苦手な方は注意です

 

以上で黒澤怜の紹介を終わりたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す