天倉澪と天倉繭の声優や画像・壁紙にセリフ・名言なども

天倉澪と天倉繭の声優や画像・壁紙にセリフ・名言なども

天倉

天倉澪と天倉繭は双子の姉妹で、ホラーゲーム『零~紅い蝶』とそのリメイク作品『零~眞紅の蝶~』の主人公です。

「零シリーズ」は、和風ホラーゲームの代表といっても過言ではない作品ですので、知っている方も多いと思います。

今回は、天倉姉妹の画像やセリフ、登場作品などをまとめていこうと思います。

スポンサードリンク

天倉澪

天倉澪

声優 神田朱未
年齢 15歳(紅い蝶)、17歳(眞紅の蝶)

ゲーム上でプレイヤーがメインで操作することなるキャラクターで、天倉繭の妹。
明るく活発な性格で、霊感は人並み。姉の繭が幼少の頃に足を怪我したのが自分の責任だと思っており、ずっとそばに寄り添うようになっている。

天倉繭

天倉繭

声 川澄綾子
年齢 15歳(紅い蝶)、17歳(眞紅の蝶)

澪の姉だが、澪とは逆に大人しい性格。澪とは違い霊感が強いが、耐性がないため取り込まれ易い。
幼少の頃の怪我のせいで速く走ることができない。

 

天倉澪 セリフ 名言

天倉

ネタバレ含むセリフが入ってますので、未プレイの方は注意!!

「足、大丈夫?痛くない?」

「お姉ちゃん… わたしね、あのとき…」

「おねえちゃん、はやくはやく!」

「ごめんなさい… ごめんなさい…」

「…射影機…」

「おねえちゃん!」

「私、聞いたことがある…昔、この辺りにお祭りの日に消えた村があって…森で迷った人は、その村に誘われる…って…ここ…もしかして…」

「うん、約束したじゃない…」

「おねえちゃん!だめ… 開かない!」

「すぐに戻るから、ほんとうに、すぐに戻るから…待ってて少しだけ…」

「おねえちゃんを置いていくわけないじゃない。ずっと探してたんだよ」

「立って…もうすぐ… 帰れるから…」

「ごめん… 約束…守れないよ」

「ずっと、一緒だから…」

 

天倉繭 セリフ 名言

天倉

「よくここで遊んだよね」

「…ちょっとね。でも、平気」

「澪、お願い! おいてかないで!」

「地図から消えた村…」

「…紅い蝶…」

「…ごめん…わたし、やっぱり行かなきゃ」

「ずっと一緒だって約束したから、2人で逃げたのに…みんな…しんじゃった…」

「一緒にいよ… ずっと……ずっと…」

「澪… 置いていかないで…」

「ずっと一緒だよね。約束だよね…」

「さっき約束したじゃない!おいてかないで…もう… おいてかないで…」

「オネエチャン…マタ、ワタシヲ オイテイクノ…?」

「私、自分がどうなっているのか、わからないよ。でも、何があっても、澪のこと、許すから…置いて…いかないで…」

「何が…ても…すから。何があっても、澪のこと許すから…」

「澪、約束したよね。いつも一緒だって」

「ずっと…待ってる…」

「選ばれし二人の巫女は、天に通され蝶となる。蝶となりて村をたすくる。これで… いいんだよ…」

「私たち…一緒に生まれてきたけど…やっぱり別々に生きて…死んでいく…わかってたのに…わかってたのに」

「でも、これで一つになれる。だから、いいよ…殺して」

「ありがとう…」

「ねぇ、澪、あの日、私が崖から落ちたのは、わざとだって気づいてたんでしょ?あの時、澪が離れていくのがこわかった。澪が私を置いて遠くへいってしまう。引き裂かれるような痛みの中で、私はただ嬉しかった。これでもう澪は私のものだって・・・いつも心配してくれる・・・私だけを見てくれる。いつも私のことを思ってくれる。なんでも言うことを聞いてくれる。いつも心配してくれたよね。澪はずっとそばにいる。この足が痛むたび、私は嬉しかったんだよ。もう、置いていかないよね、ずっといっしょだよね
。・・・いっしょにいこう。」

「さ、澪… 行こうか…ずっと… 一緒だから」

 

天倉澪 天倉繭 画像 壁紙

天倉 天倉 天倉 天倉 天倉 天倉

天倉姉妹 登場作品

メインキャラクター

紅い蝶

2014y12m31d_161936043

FATAL FRAME II CRIMSON BUTTERFLY DIRECTOR’S CUT

2014y12m31d_162027122

眞紅の蝶

2014y12m31d_162001139

上記の作品では、主人公として登場します。下2作品はリメイクなので、これからやろうと思っている方は、「眞紅の蝶」がオススメです。

ゲスト出演

刺青の聲

2014y12m31d_162117612

紫の日記

2014y12m31d_162143442

「刺青の聲」では、本編に登場し、「紫の日記」には、「眞紅の蝶」とのコラボとして登場します。

ちなみに主題歌の天野月子さんの歌う「蝶」と「くれなゐ」もかなりいい曲なので、作品を知らない方も聴いてみてください。

 

以上で天倉姉妹の紹介を終わりたい思います。

スポンサーリンク

コメントを残す