仲村ゆりの画像・壁紙や名言・セリフにフィギュアなどグッズも

仲村ゆりの画像・壁紙や名言・セリフにフィギュアなどグッズも

仲村ゆり

仲村ゆりは、『Angel Beats!(エンジェルビーツ)』に登場するキャラクターです。

『エンジェルビーツ』は、ゲームブランドKyeのシナリオライター麻枝准がシナリオを務めている作品で、2015年にPCゲームとして発売も予定されています。わたしはkeyの作品が大好きなので、PCゲーム版も購入予定ですね。

今回は、仲村ゆりの画像や名言にグッズなどをまとめていこうと思います。

スポンサードリンク

仲村ゆり

2015y01m21d_222800618

声優 櫻井浩美
愛称 ゆりっぺ

死んだ世界線「SSS」のリーダーを務めている少女。
アニメの作中前半や漫画版では、負けん気が強く、行動が過激な面が多々ありましたね。
作中で最も成長しているキャラクターの一人と言えるでしょう。オペレーション時には白のベレー帽を被ります。
武器は拳銃やナイフを使います。生前に悲惨な経験をしており、過激な行動もそれが原因となっているようです。

 

仲村ゆり 名言 セリフ

仲村ゆり

「ようこそ、死んでたまるか戦線へ」

「貴方、死んだのよ」

「『アンタバッカじゃないの! いっぺん死んだら!?』これは死ねないこの世界でよく使われるジョークなんだけど
……どう、笑えるかしら?」

「神も仏も、天使もなし」

「順応性を高めなさい。あるがままを受け止めるの。」

「そう。私たちの弱点はアホなこと」

「彼は大山君。特徴がないのが特徴よ。」

「感情論じゃ何も始まらないわよ。」

「あなたがミスした時のために、椅子の下に推進エンジンを積んでおいたのよ。どうだった?ちょっとした宇宙飛行士気分は?」

「守りたい全てを三十分で奪われた。そんな理不尽ってないじゃない。そんな人生なんて、許せないじゃない。」

「あのね、教えてあげる。人間というものは、たったの10分だって、我慢してくれないものなのよ!」

「すごく幸せですね。すごく幸せな風景。あたしにはまぶしすぎる。みんなこんな時間に生きてるんだ。いいですね、羨ましいです。ここから消えたら・・・やり直せますかね?こんな当たり前の幸せをあたしは・・・受け入れられますかね?」

「人生はあたしにとって、たった一度のもの。それはここに、たったひとつしかない。これがあたしの人生。誰にも託せない、奪いも出来ない人生。押し付けることも、忘れることも、消すことも、踏みにじることも、笑い飛ばすことも、美化することも何も出来ない。ありのままの残酷で無悲なたった一度の人生を、受け入れるしかないんですよ。だから、あたしは戦うんです。戦い続けるんです。だって、そんな人生、一生受け入れられないから。」

ネタバレっぽいので反転

「にしても、不覚だ。お姉ちゃん、あんたたちと同じぐらい、みんなのこと大切に思っちゃったんだ・・・。あんたたちが誇れるぐらい、あんたたちだけを愛する姉でいたかったのに・・・。ああ・・・この気持ちはなんなんだろう・・・。どうしちゃったんだろう。私を突き動かしていたものが、消えていく・・・、それが消えちゃったら、ここに居られなくなる。人生はあんなにも理不尽にあんたたちの命を奪い去っていったのに、なのにみんなと過ごした時間は掛け替えがなくて、私も、みんなの後を追いかけたくなってきちゃったよ」

 

仲村ゆり 画像 名言

仲村ゆり 仲村ゆり 仲村ゆり 仲村ゆり 仲村ゆり 仲村ゆり 仲村ゆり 仲村ゆり

 

仲村ゆり フィギュア

フィギュア

仲村ゆり

Angel Beats! ゆり (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
Angel Beats! ゆり (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
一番くじ きゅんキャラわーるど Angel Beats! G賞 ちびきゅんキャラ 仲村 ゆり フィギュア

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

 

以上で仲村ゆりの紹介を終わりたいと思います。
アニメでは1クールと完全に短すぎたので、ゲーム版には非常に期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す