戦場ヶ原ひたぎの声優や名言・セリフに画像やフィギュアやグッズも

戦場ヶ原ひたぎの声優や名言・セリフに画像やフィギュアなどのグッズも

戦場ヶ原ひたぎ

戦場ヶ原ひたぎは、『化物語』や『偽物語』、『恋物語』などの「物語シリーズ」に登場するヒロインの一人です。

「物語シリーズ」は、かなり有名なので知っている方も多いと思います。

今回は、戦場ヶ原ひたぎの名言や画像、グッズなどをまとめていこうと思います。

スポンサードリンク

戦場ヶ原ひたぎ

戦場ヶ原ひたぎ

声優 斎藤千和
身長 165cm
体重 50kg
誕生日 7月7日(蟹座)
好きな小説家 夢野久作
あだ名 ガハラさん

自他ともに認めるツンデレだが、物語シリーズ主人公の暦からは「デレないので、ツンデレというよりツンドラ」と言われている。
病弱だが、頭は良く運動神経もいい。中学時代は、陸上部に所属していて、バスケ部の神原と合わせて「ヴァルハラコンビ」と呼ばれていたほど。
人との距離感が掴めず友達は少ないが、気心知れた友人には毒舌を吐くようになる。

 

戦場ヶ原ひたぎ 登場作品

物語

化物語(小説・アニメ)

 

戦場ヶ原ひたぎ 名言 セリフ

戦場ヶ原ひたぎ

「ずっと一人でいると、自分が特別なんじゃないかって思っちゃうわよね。一人でいると、確かに、その他大勢には、ならないもの。でも、それはなれないだけ。笑っちゃうわ」

「それにしても、見蕩れるの蕩れるって、すごい言葉よね。知ってる? 草冠に湯って書くのよ。私の中では、草冠に明るいの、萌えの更に一段階上を行く、次世代を担うセンシティヴな言葉として、期待が集まっているわ。メイド蕩れー、とか、猫耳蕩れー、とか、そんなこと言っちゃったりして」

「子供と呼ばれるものは、人間であれ何であれ、憎しみをもって向かうように、心がけているわ」

「そういえば、ゴミ……いえ、阿良々木くん」

「煩わしいと言っても恋煩いよ」

「銅四十グラム、亜鉛二十五グラム、ニッケル十五グラム、照れ隠し五グラムに悪意九十七キロで、私の暴言は錬成されているわ」

「戦争を、しましょう」

「ああ、違うわ――『動いてもいいけれど、とても危険よ』というのが、正しかったのね」

「何言っているの。私は経験者よ。やりまくりよ」

「万死に値するわ」

「服の上からだとそうは見えないかもしれないけれど、私の肉体は、案外、法を犯してまで手に入れる価値はないかもしれないわよ」

「本当になんでもいいわよ。どんな願いでも一つだけ叶えてあげる。世界征服でも、永遠の命でも、これから地球にやってくるサイヤ人を倒して欲しいでも」

「好奇心というのは全くゴキブリみたいね――人の触れられたくない秘密ばかりに、こぞって寄ってくる。鬱陶しくてたまらないわ。神経に触れるのよ、つまらない虫けらごときが」

「阿良々木くんがいくら幸せを逃そうと興味はないけれど、私の前でため息なんてつかないで欲しいものね。煩わしいから」

「経験は、ありません。処女です」

「大きなお世話も、余計なお節介も、ありがた迷惑も。阿良々木君にされるならそんなに悪くもないのかもしれないわね」

「I LOVE YOU」

「あらあら、これはこれは。犬の遺体が捨てられていると思ったら・・・なんだ、阿良々木君じゃないの?」

「見せたかったんじゃないわ、見てほしかったのよ!それとこれとじゃニュアンスが違うわ。」

「自分の魅力を否定してはいけないわ。阿良々木くんのしょぼさというのは、大吉を引いても内容がそんなにいいことも書いてないようなもの。」

「優しいところ。可愛いところ。私が困っているときにはいつだって助けに駆けつけてくれる王子様みたいなところ」

「勉強を教えてあげられること。可愛い後輩と、ぶっきらぼうなお父さん。それに――この星空。私が持っているのは、これくらいのもの。私が阿良々木くんにあげられるのは、これくらいのもの。これくらいで、全部」

 

戦場ヶ原ひたぎ 画像 壁紙

戦場ヶ原ひたぎ 戦場ヶ原ひたぎ 戦場ヶ原ひたぎ 戦場ヶ原ひたぎ 戦場ヶ原ひたぎ 戦場ヶ原ひたぎ 戦場ヶ原ひたぎ 戦場ヶ原ひたぎ

 

戦場ヶ原ひたぎ フィギュア

戦場ヶ原ひたぎ

化物語 戦場ヶ原ひたぎ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
偽物語 戦場ヶ原ひたぎ – 偽物語 – (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
[物語]シリーズセカンドシーズン 戦場ヶ原ひたぎ -恋物語- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
化物語 戦場ヶ原ひたぎ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

 

以上で戦場ヶ原ひたぎの紹介を終わりたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す